互換インクと純正との違いって?おすすめメーカーは?

中身、品質、値段…。

純正のプリンターインクって高いと思いませんか。

 

純正以外のインクも色々売っているみたいだし、値段も安いしそちらのインクじゃダメなの??というのは素朴な疑問ですよね。

 

まさか全く印刷できないってことはないでしょ、なんて思ったり。

 

互換インク,純正インク,違い,メーカー

 

純正インクとはプリンターメーカーから販売されているインクです。

 

純正インクの中身というのは特許で守られていて、プリンターメーカー以外の会社は純正と全く同じ内容のインクを製造することができないようになっているんですね。

 

ですから純正インクとそれ以外のインクの違いといえば、中身のインクは同じものではないことになりますね。

 

 

互換インクって?

 

互換インクはその名の通り、互換性のあるインクという意味です。

 

純正インクと互換性があるということなんですね。

 

プリンターメーカー以外の会社で製造、販売されている新品のインクのことをいいます。

 

互換インクも色んな会社で製造され販売されているのでひとくくりにすることはできません。

 

もちろん純正より安いですが、その値段にもばらつきがありますし、品質や安全性にも違いがあるのが現状です。

 

 

非純正インクには互換インクのほかにも、リサイクルインクや詰め替えインクなどもあります。

 

 

互換インクを使うなら

 

純正インクとそれ以外の互換インクを比べたらまず目につくのは値段ですよね。

 

互換インクを継続的に使うと考えると、かなりのコストダウンを実現できることは間違いありません。

 

例えば、インクの代金が半額なら、ランニングコストは半分で済みます。

 

 

でもそこまで単純な話ではなく、やっぱり大事なのが品質です。

 

安かろう悪かろうでは価値はありませんから。

 

きれいに印刷されない、正確に動作しない、プリンターに支障をきたした…なんてことは絶対に避けたいです。

 

そこで重要視したいのがどの互換インクメーカーの製品を選ぶかということです。

 

高い品質にこだわって製造されている互換インクメーカーがあるのでぜひ公式サイトで詳しく確認したいです。

 


安い、高品質、保証付きの互換インクなら

 

品質に比べて、価格的メリットが大きければぜひ導入を検討したいですよね。

 

純正と同じ設計思想で製造、インクの粒子が純正と変わらないくらい細かいメーカーがあります。

 

インクの粒子が大きく粗い安価な非純正のインクは、目詰まりやかすれといった不具合を引き起こす原因となるので注意したいです。

 

 

使用目的に応じて

 

純正インクか互換インクかどちらを選択するかは印刷の目的によっても違ってきます。

 

長期間の保存を前提に写真を印刷する場合なら、色あせが少ない純正インクを選択したいですよね。

 

一方で、カラー文書の印刷、写真も印刷するけど長期保存は前提としていないという場合なら、高品質なメーカーの互換インクの使用も検討したいです。

 

 

保証が整っている信頼のメーカーで

 

使ってみたいけど、どうしても品質や安全性が心配…という人は、保証制度を整えている互換インクメーカーを確認したいです。

 

例えば、返品や交換に関する保証、また使用するプリンターに万一の事態が起こった場合のプリンター本体への保障もあるメーカーもあります。

 

そういった専門店は、ネット通販でも長く営業されていますし、累計販売個数など、リピーターやユーザーに信頼されていなければありえない数で売れ続けています。

 


安い、高品質、保証付きの互換インクなら